医学部に合格したくて予備校に入って再受験

現役で地方の国立大学の農学部に合格しましたが

現役で地方の国立大学の農学部に合格しましたが / 予備校では英語の特訓を受けることに / 再受験して、嬉しいことに合格

現役で地方の国立大学の農学部に合格しました。
それでも医学部に入りたかったので、そこを退学して予備校に入りました。
独学で勉強しようと思ったのですが、再受験した時は確実に合格したかったので、予備校に行くことに決めました。
現役の時に、本当は医学部に行きたかったのです。
私の叔父が医者で、子供のときにお世話になりました。
アトピー性皮膚炎がひどくて、困っていたのですが、叔父のおかげで良くなりました。
叔父はアレルギー科をしていて、たくさんの子供たちを救っていました。
そんな姿を見て、私も医師になりたいと思いました。
農学部を退学する時に、叔父に相談したら、大変だけど医師は生きがいを感じる仕事だよと言われたのが大きかったです。
叔父は予備校には行くようにとアドバイスししました。
医学部は難しいからです。
地方の小さな予備校に入りました。
一応医学部専門のところで、良い先生が揃っていました。
私は文系の科目が苦手なので、もっと点数を上げる必要がありました。
特に英語がダメで、模擬試験でひどいときは50点ぐらいしか取れないことがありました。
農学部だったら、他の科目で補って、全科目の総合で合格点になると思いますが、医学部は通らないでしょう。