医学部に合格したくて予備校に入って再受験

予備校では英語の特訓を受けることに

予備校では英語の特訓を受けることにしました。
少人数のクラスで朝から英語漬けの生活を送りました。
その授業を受けて、私は基本的なことを理解していないことが分かりました。
さすがに中学校の英語は分かっていましたが、高校の英語の文法の理解が不足していたことが判明しました。
その学校には英語の文法の専門の先生がいて、分かりやすく教えてくれました。
一番好感を持ったのは、やみくもに暗記しろと言わないことでした。
高校の先生はとにかく暗記を強調しました。
私は理系なので、ただ暗記するよりも、文法の仕組みを理解した方が、頭の中に入りやすいのです。
高校の先生はそのあたりのことがよく分かっていませんでした。
予備校の先生の説明の仕方は論理的で、分かりやすいものでした。
今まであやふやだった動名詞や不定詞の使い方がよく分かるようになりました。
それからいつも混乱していた前置詞の使い方も分かるようになって、英作が得意になりました。
それから単語もよく覚えるようにしました。
単語を覚えるのは苦手だったのですが、その学校のテキストが良くできていて、覚えやすかったです。
例文がいくつか載っていて、それを覚えるようにすれば、単語を自然に覚えられるようになりました。
英語の基礎は固めることができたのですが、長文には苦労しました。
その学校には英語の長文の専門の先生がいて、その人から教えてもらいました。

現役で地方の国立大学の農学部に合格しましたが / 予備校では英語の特訓を受けることに / 再受験して、嬉しいことに合格